第204話 写真が物語る

本日、三瀬の親戚の近くに修理があったため親戚の家によって見ました。

家には83歳のおじいさんしかおらず、

「分かるかわからないけど荻原です」

というと、

「荻原さん写った昭和9年の写真あるぞ」

といわれ、不思議な気持ちで茶の間に上がりました。

昭和9年当時明治41年生まれの祖父は約30歳。

今の私よりも若いときの写真を見るのは初めてでとても不思議な感じでした。

しかも、、、おばあちゃんらしき姿まで!!!


この時代のことを考えながら、

しばらく眺めていたのですがなんだか胸が高鳴りました。


おじいさんの話では

「荻原さんだば、豪快な人だっけの~~~。酒も2升も飲むもんだっけの~~

酒飲めば愉快で面白い人だっけ」

といっていました。


そのときの祖父を想像しながら写真と、

自分が知っている爺さんの姿と、

おばあちゃんの姿と、

ぐるぐるぐるぐる頭の中を巡っていました。


今、見るべくしてこの写真と出会い

先人の足あとを写真を通してみることが出来、

まだまだがんばれ!と爺さんに言われてるような気分になりました。

地道に出来ることをこつこつとやらねばと強く思いました。

先祖に感謝しなければならないですね。


赤ちゃんを抱いているのが祖父一番右にいるのが祖母だと思われます。
d0106411_19285022.jpg



余談ですが、2升飲む酒飲みの血は姉が引き継いでいると思われます。
[PR]
by ogi2525 | 2010-10-19 19:31 | すごい!!

みづほ産業2代目社長が本気で語るブログ


by ogi2525
プロフィールを見る
画像一覧